紙の種類と厚み|折り込み宣伝に大活躍のフライヤー印刷|一味違う宣伝をしよう

折り込み宣伝に大活躍のフライヤー印刷|一味違う宣伝をしよう

男性

紙の種類と厚み

CMYK

新聞に折り込まれているチラシや配られているチラシはたくさんあります。しかし、どれも同じではなく、印刷方法や用紙が違うのです。用紙の種類では、「コート紙」「マットコート紙」「上質紙」などがあります。コート紙は紙の表面がコーティングされており、ツヤがあるため写真やイラスト映えするのが特徴です。マットコート紙は、コート紙のようにコーティングされている紙ですが、ツヤを無くした加工がされています。色合いをはっきりと表現できるので、色鮮やかな写真などもきれいに印刷することができます。落ち着いた感じを表現できるため、高級感を出すチラシ印刷の時にはコート紙よりもマットコート紙を使用するといいです。上質紙は、コーティングが全くされていないざらざらとした紙です。写真などの印刷はインクがにじんでしまう可能性があるので文字だけでデザインされた広告に向いています。このように、紙の種類もいくつかあるので、写真付きであればコート紙、さらに高級感を出したい場合にはマットコート紙など、デザインによって適切な用紙を選ぶようにしましょう。

チラシ印刷には用紙の種類だけではなく、厚さも違います。紙の厚さが厚ければ重たくなります。重さの表記は紙1,000枚の重さが記されています。その重さは、紙の厚さにより50kg~180kg以上もあり差は大きいです。180kg以上の紙に関しては、紙というイメージよりもカードくらいの厚みがあります。一般的にチラシ印刷には70kgの前後のものが多いようですが、厚さでも印象が違ってきますので印刷する際には厚みについても考えましょう。