折り込み宣伝に大活躍のフライヤー印刷|一味違う宣伝をしよう

これからフライヤー印刷を考える方へ賢い印刷所の選び方

フライヤー宣伝のメリット

カラーチャート

フライヤー印刷をして多くの人の手に届けば、インターネット広告よりもいい宣伝に繋がる可能性があります。フライヤー印刷をすることのメリットを知り、うまく宣伝広告ができるようにしましょう。

もっと読む

印刷業者を選ぶ

印刷

「格安でチラシ印刷」という広告だけで印刷を依頼するとイメージとは違うチラシになる可能性もあります。依頼する業者は価格だけではなく、希望に合うチラシを作ることができるかも確認しましょう。

もっと読む

フライヤー印刷

メンズ

宣伝としてフライヤー印刷を依頼してポスティングや新聞の折り込みで配られます。新聞に折り込まれるフライヤーとポスティングされるフライヤーは実は印象が全く違います。ポスティングは、まったく知らない人が必要としていないものを適当に配っているイメージであれば、新聞の折り込みによって配られるものは信頼できるものになります。信頼している新聞を取っている人にとっては、その中に折り込まれているフライヤーのほうが良い印象に繋がります。そのため、新聞の折り込みだと手に取って読んでもらうことができ、印象よく宣伝をすることができます。一味違う宣伝をしましょう。

フライヤー印刷をして新聞に折り込む際には、折り込む曜日によって効果が違いますのでチラシの内容によっては曜日を考えるように工夫しましょう。月曜日は基本的に織り込まれるフライヤーの種類が少ないため、目に入りやすくなります。火曜日と水曜日は、スーパーのセール内容のものが多いため主婦がよく見ています。主婦に見てもらいたいフライヤーであれば火曜日、水曜日に折り込むと良いでしょう。木曜日は週末のセールの内容のものが多いです。金曜日は家族が出かける場所の情報が多く、イベントなどの週末のスケジュールを決めるために見る人もいます。土曜日は、一番目を通す曜日と言われていますので確実に見てもらいたい広告には適しています。日曜日にはたくさんの広告が折り込まれるため、読む人にとってはいかに必要な情報かが大切になりそうです。フライヤーの内容によって曜日なども考えてみるといい宣伝に繋がります。

紙の種類と厚み

CMYK

チラシ印刷に必要な紙には種類があります。チラシのデザインによって印刷する用紙を選ぶとより目を引く良いチラシができます。作成したいデザインがどの紙の種類でどれくらいの厚みが良いのか考えましょう。

もっと読む